2008年11月14日

赤壁

『レッド・クリフ〜赤壁〜』観て来ました。

いやぁ、関羽めっちゃかっこよかったわ。
関羽が見得を切るたびにアフンと仰け反ってしまいました。素敵すぎ。
アレだけで金払って観に来て良かったと思えましたw

張飛もすごく張飛だった。
あんだけ張飛なんだから長坂橋やってもっと魅せてくれよ!
と思ってしまいました。それくらいの張飛っぷり。臭そうなヒゲとか。

曹操軍もちゃんと紹介して欲しかったなぁ。名将揃いなんだから。
「えーと、もしかしてアレが許チョかな?」とモヤモヤしっぱなし。

八卦の陣もスゴかったです。
なんで見るからにヤバそうってか罠っぽいのに
ぞろぞろと飲み込まれるかのように突入していくんだろう・・・
昔流行った巨大迷路を思い出しましたw

あと度々思ったのは「馬かわいそう(´;ω;`)」
馬好きな人にはオススメできないシーンがいっぱい。
菅原教授なんか途中で観るのやめてしまうんじゃないかと。
でも馬好きな人にこそムッハー(゚∀゚)なシーンもいっぱい。

こうして思い出すと、良かったのは戦のシーンばかりな印象。
だって無駄に長くて「これ、要る?」ってシーンが
ちょいちょいとサンドイッチされてて・・・( ̄ェ ̄;)
だったら短くして長坂橋を(ry
そして続編は来年って・・・
おあずけ過ぎだろ!すっかり忘れた頃にやってくるんスね!
なんで日本でも一挙公開にしてくれないんだろう・・・ひどいや。

それと
レスリー・チャンが生きてたら孔明か周瑜を演じてたのかなぁ。
なんてしみじみと思ったりしました。みてみたかったな。
posted by 化け猫 at 03:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 映画・動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。